2020年 新年のご挨拶

 

 

謹んで新春の祝詞を申し上げます。
昨年はレッスンにご参加いただき誠にありがとうございます。

皆様のご要望に少しでもお応えできましたこと大変光栄に存じます。
昨年は新たな試みとして「フェルデンクライス 入門クラス」をスタートさせて頂きました。
本年もさらに質の良いレッスンを提供させて頂きたく、気持ちを新たに取り組んでまいります。
変わらぬご愛顧のほど心よりお願い申し上げます。

 

フェルデンクライス プラクティショナー 佐藤英行

 

新たな年が、はじまりましたね。

今年もカラダの中の感覚の探索を続けていきましょう。

 

フェルデンクライスの グループレッスンATMには、

お手本がありませんね。

 

それは  各々で

今の自分のBest Way―最適なやり方を、見つけてもらう

そんな学習法だから。

自分の感覚がとても大切なのです。

 

ATM Lessonの動きを通して作り出される 非日常的な感覚、

これを味わい続けることで 余計な緊張が減り、

感覚は繊細なものになっていきます。

最初は分からなくても大丈夫。

段々にー 又は、ある日突然に 目覚めていく事もあります。

 

様々な感覚は、

本来持っている自分の可能性を 脳に思い出させ、

その結果、機能の改善、痛みの軽減、

動きの自由度アップなどが期待されます。

 

令和2年、

ネズミのように、フットワークを軽く、

動きを楽に、生活をよりよいものにしたい方の お手伝いが出来ればうれしく思います。

今年も動きを楽しみましょう。

 

澄まして~ 感じて~ よりよい動きへ

LessonSumasu澄  ツダユキコ

 

謹賀新年

皆様には昨年多くのレッスンにご参加くださり、一緒に学ぶ時間を経験できありがとうございます。

フェルデンクライスTokyoでのレッスンを通して、

もっともっとより良い自分に出会う機会を楽しんでくださいませ。

プラクティショナー一同お待ちしています。

なみかわ ももこは、まだ体調を回復させる努力をしております。

もうしばらくお時間いただきたくお願いいたします。

本年も沢山の方々にお会いできるのを楽しみにしております。

フェルデンクライスTokyo代表

サノ ケイコ

 

 

 

2020-01-02 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

関連記事