床を感じて転がる動きを体験して

 

床を感じて左右に転がるをテーマにレッスンを行い、気づいたことをちょっとお話します。

 

受けてくださった方たちからは

いつもよりスタスタと自然に速く歩ける

背中がすっと立ち上がった

肋骨。胸の辺りに空間を感じる

足の裏が安定して感じられる

ドーンと重たい感じ、しっかり立っている感じ

腰の位置が高くて、肩が下がった

ただ転がってただけどだったけど、こんな感覚になるなって

転がるって普段やらないので、やろうと思うと意外にできない

一人一人様々な感覚を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

左右に床を感じて転がる動きを探索して、

私自身興味深く感じたことは左側の感覚がより鮮明に感じられ、

その感覚は新鮮で、いつも見ている左側の感覚と違っていました。

自分がいつも右側の感覚を優位に使っていたんだなと気づかされました。

 

転がるという動きは、立つための準備としてのとても重要な動きの一つなのではないかなと、

レッスンを実際にやってみて感じたことです。

頭で考えていたこととは違っていました。

 

プラクティショナー  サノケイコ

2018-11-26 | Posted in FK Tokyo 通信, News, VoiceComments Closed 

関連記事