目的から離れる

 

「脚を手を動かすように」のレッスン受けてくださった方からの声に

いつもよりあまり感じることができなかった。難しい動きだった。

けれど、初めにを持ち上げて脚で円を描くように動かしたときに

脚の力と腹筋を使っていて脚が重かった。

最後に同じ動きをしたときに、脚が軽くなって動きやすくなっていた

 

レッスンでは、体を丸くする動きを行うことで

体の前側と後ろ側との筋肉の関係に働きかけていきました。

体を丸くする動きが脚を軽やかにしたことはとても興味深いことでした。

脚を何度も持ち上げて軽くするように脚の筋肉を使わないようにやったわけではないのです。

体を丸くするとき、体重を移動させること、体の前側と後ろ側の意識によって

筋肉を使いすぎないように、呼吸など、脚以外の部分の動きをどのように使っているかに

注意をむけていきました。

そのことが、脚を持ち上げる動きに影響したということでしょう。

脚は脚だけで動いているわけではないと学ぶこともできます。

立った時や歩いた時に、どのような感覚をもたらすかは人によって違います。

その人がどのように注意をむけた方によって違ってきます。

 

 

 

プラクティショナー サノケイコ

 

 

 

 

2018-08-26 | Posted in FK Tokyo 通信, VoiceComments Closed 

関連記事