FIレッスン:イベントを4月から始めます

enjoybeing_s-logo  sumasu_s-logo

locopelli_s-logo   kazeasobi_s-logo

 

FIレッスンって、どんなことするのだろうとよくわからないと思う方も多いかもしれないですね。

FIレッスンとは、Functional Integration : 機能の統合で個人レッスンのことです。

ATMレッスンとの違いは、プラクティショナーの手によって「問いかけ」をしていきます。

受けて頂く方のリクエストに応じて行うプライベートなレッスンです。

本来、FIレッスンではテーマというものはありません。

そのためか受けようかどうしようか躊躇してしまうのかもしれません。

そこで、もっとFIレッスンの面白さを皆様に体験していただきたいと思います。

 

多くの方のよく聞くことの一つに「どのように力を抜いて良いかわからない」ということです。

自分では抜くように努力しているけれど、どうやっても力を抜くことができない、

今まで頑張って筋肉を鍛えたが逆に力を抜く感覚がわからない、

ただ力を抜けと言っても筋肉がなくなるのは良くないのでは?

など。

ATMレッスンは自分自身で動きを行うので、自分の体験からの動きになります。

FIレッスンでは、手によって動きを行うので自分の動きとそして新たな感覚の動きを体験することができます。

自分が何をどのようにやっているかを知るために、他からの助けを使うことはとても有効な働きをします。

「力を抜く」を大きなテーマとして、それぞれのリクエストに応じてレッスンを行います。

どのようにすれば、力を抜くという感覚が感じられるかを一緒に探していくレッスンです。

ATMレッスンと合わせて受けて頂くとより自分自身を感じることができるようになります。

是非、この機会にFIレッスンを体験ください。

 

プラクティショナーのプロフィールを参考にご希望のプラクティショナーをお選びご予約ください。

プラクティショナーを見る

FIレッスンスケジュールを見る

 

 

フェルデンクライス・プラクティショナー

佐藤 英行   ツダ ユキコ   なみかわ ももこ   サノ ケイコ

 

2018-04-18 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

関連記事