FK Tokyo 通信

2017年8月ATMレッスン共通のテーマ

enjoybeing_s-logo  sumasu_s-logo

locopelli_s-logo   kazeasobi_s-logo

 

2017年8月のテーマ;楽に ねる

 

今月は、楽に ねるをテーマにレッスンを行います。

寝ている姿勢から、次の動きへとスムーズに動けるようになると、

良い動きへとつながっていきます。

 

動きを通して、あるゆる動きを経験し、今とは違う感覚で自分自身を感じ、

自分のやりたいことへ繋げ、日常のの動きをもっと楽に軽く動ける感覚を是非体験してください。

 

初めての方、パフォーマー、演奏家、指導する立場にある方

自分自身についてもっと知りたい方

介護をなさっているご家族、日常の動きをもっと楽にしたい方など

声に関心のある方 → 体は楽器。過度な緊張の軽減など体のコンディション作りに。

仕事で緊張、ストレスが続く方、

病院で治療が終わったのに何かおかしい?リハビリをやってもなんかシックリ来ない?と感じている方

「痛み 」や「その不安」に全てを支配されている生活を、少しでも変えたい方。

どなたでもご参加できます。

フェルデンクライスの時間をより多くの方に楽しんで頂きたく、新たな試みをやっていこうと思っております。

どうぞフェルデンクライス メソッドレッスンを経験し、日々の生活を豊かに。

こちら8月スケジュールをご覧下さい。

フェルデンクライス・プラクティショナー

佐藤 英行   ツダ ユキコ   なみかわ ももこ   サノ ケイコ

2017-08-01 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

ツダ ユキコからのReport~「努力を大きくしても、行動がよくなるわけではない」

4人のプラクティショナーが 、月ごとに自分の感じていることやお知らせしたい情報などフェルデンクライスに関することを皆様にお届けしています。

第13号-2017年7月は、ツダ ユキコからお届けいたします。8月は、佐藤 英行が担当いたします。お楽しみに。

 

 

***************************

ツダ ユキコから7月のおしゃべり

努力を大きくしても、行動がよくなるわけではない

 

身体訓令法より

『動きのたびごとに、自分の能力ぎりぎりまでやろうとすると、筋肉を痛め、関節をこわばらせることになるのが落ちである。

外に現れる結果だけを求めて頑張ると、動きと行動の習慣的パターンを打ち壊すという、

この訓練の目的を通してこそ初めて獲得できる改善を、ほんの一部でも実現することすら不可能になるのだ。

全身の様々の部分の動きと、それらの相互関係に対する識別力が高まりさえすれば、

その結果自ずと、トーヌス(不随意的中枢によって引き起こされる筋収縮の度合い)が低下し、

意識的コントロールの力がまぎれもなく増大するのである。』

 

以上は本からの引用です。ちょっと言葉が難しいですが、

多くの人は、特に自分にとってチャレンジなATMになると、少なからず努力感を持って体を動かしがちになります。

そして、出来る出来ないにこだわらない気持ちを捨てきれない自分に気付いたりします。

気付いたときはチャンスです。 今、できることをしましょう。

 

 

 

 

 

・難しさを感じている人は、出来ないことを負担に考えず、

いったんそのことから遠ざかり、やらなくてはという、気持ちとカラダの緊張から解放してみてください。

 

・カラダの他の部分を動きに参加させることで、やりやすくならないか?

どこか動きを止めているところはないか?

カラダの感覚に聞いてみましょう。自分が止めていることに気付かないだけかもしれません。

 

・私は出来ている!と思っている人も、 今自分のやっていることの見直しをしてみましょう。

動きを邪魔しているところはないか?動かすタイミングはどうか? 感覚を澄まして、スムーズな動きの繋がりを探ります。

 

・どちらも、楽な範囲で、特定の筋肉だけが働くことのない動きをさがしていくと、

動きの静かになった筋肉から受けとるカラダの感覚の情報が増えていきます。

他のカラダのパーツとのつながりはどうかなど、多くの情報が脳と行き来し、

そのことが、ワンパターンな習慣的な行動から抜け出す助けになっていきます。

そして、動きの改善につながっていきます。

 

 

 

 

 

似たようなATMを受けるときも、学習のチャンスは限りなくあるものです。

昨日学習したことは、すでに今日のカラダの一部に取り込まれています。

さらに、ここから新たな学習が始まります。

この動きは知っていると、そこで探索を止めてしまいがちなのは、学習の妨げになり、もったいないことです。

昨日気付かなかったことに 今日は気付く準備が出来ていることもあります。

らせん階段を上るように、少しずつ、上へ、よりよい動きへ 動きを楽しむ気持ちを持って、学習を広めていきましょう。

 

LessonSumasu澄

ツダユキコ

2017-07-30 | Posted in FK Tokyo 通信, ReportComments Closed 

 

7/30(日)ATMレッスンご案内~「頭と背骨」

 

レッスンテーマ;飛び出す

 ー「頭と背骨」

脚からの力が、脚→骨盤→背骨→頭へと伝わっていく感覚を味わってください。

背骨が肋骨を突き抜けるように、頭を押し上げていく経験によって、

頭を自由に快適な感じで動くためには、

全体とのつながりによって、動くことが明確になっていきます。

どこかの部分だけを動かすという習慣と、違う体験をしてみてください。

初めての方、パフォーマー、スポーツをしている方、何かを指導している立場にある方、障害をお持ちのご家族や介護の必要な人をささえている方、ご自身の動きを改善して自分のやりたいことを上達したい方、日々の生活をより快適に過ごしたい方、どんな方でもでご参加できます。

7月30日(日)  10:30 AM – 12:00 PM

contact-b

プラクティショナー サノケイコ

 

 

*サノケイコのFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとかトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。contact-b

2017-07-29 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

7/31(月)ATMレッスンご案内~「頭の動き・全身の動き」

 

レッスンテーマ;飛び出す

「頭の動き・全身の動き」

ーフェルデンクライス メソッド

『 アレキサンダー・ヤナーイレッスン集#145』より

※今回は比較的大きな動きを全身で表現していきます。どうぞお楽しみに!!

contact-b

 

フェルデンクライス プラクティショナー 佐藤英行

 

*佐藤 英行のFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとかトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。

ご希望の日時をご相談の上、決めさせて頂きます。contact-bからお申し込み頂けます

2017-07-25 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

7/20(木),23(日)ATMレッスンご案内~「アゴと骨盤」

 

レッスンテーマ;飛び出す

 ー「アゴと骨盤」

骨盤と口との動きの関連付けながら動きを探索し、アゴへの影響を体験していきます。

更に、アゴの動きが全体にもたらすことを楽しんでください。

初めての方、パフォーマー、スポーツをしている方、何かを指導している立場にある方、障害をお持ちのご家族や介護の必要な人をささえている方、ご自身の動きを改善して自分のやりたいことを上達したい方、日々の生活をより快適に過ごしたい方、どんな方でもでご参加できます。

 

contact-b

 

プラクティショナー サノケイコ

 

 

*サノケイコのFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとかトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。contact-b

2017-07-17 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed