第1回「フェルデンクライス 入門クラス」を終えて感じたこと

 

第1回「フェルデンクライス 入門クラス」終了しました!

 

5/26に、記念すべき第一回目の「フェルデンクライス 入門クラス」が開催されました。

ご参加いただきました皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

今回のテーマは「肩の動き」と「股関節の動き」

単純な「上・下・左・右への動き」と「肩と股関節で円を描く動き」のレッスンでしたが、

単純な動きほど、日々の習慣的な動きに影響されて、意外と上手く出来なかったりします。

 

ご参加いただいた方々からも

「短時間での気づきがありました」

「自分の『習慣』が動きを止めているのが理解できた」

等のコメントを頂きました。

 

クラスにご参加頂いたことで、小さなことでも皆様のお役に立てたとしたら幸いです。

左右の肩と左右の股関節という4つのポイントを結んだエリアの間には「胴体」があります。

この4つのポイントをそれぞれ自由に動かすことができれば、胴体を自由に動かすことができます。

とても興味深いテーマですので、機会があったら、再度、企画したいと思います。

 

フェルデンクライス プラクティショナー 佐藤英行

 

2019-05-31 | Posted in FK Tokyo 通信, News, VoiceComments Closed 

関連記事