FK Tokyo 通信

2019年2月のATMレッスン共通のテーマ

 

2019年2月のテーマ;「観る」

enjoybeing_s-logo  sumasu_s-logo

locopelli_s-logo   kazeasobi_s-logo

 

2月の共通のテーマは「観る」です。

ATMレッスンを受けていると、「観察してください」という問いかけを聞くと思います。

観察を、どのようにやっているのでしょう。

ただやっていることを観察するというより、

上手くできているか、この動きでよいのか、なんだかよくわからないなどと

思いながらやっていたりします。

観察するのに、今までの経験で良かったやり方、思い込み、知識といったことに

左右されてしまうことがあります。

どのように「観る」ことをやっているか、

ただ観察することで見えてくるものを体験ください。

 

初めての方、パフォーマー、演奏家、指導する立場にある方

自分自身についてもっと知りたい方

介護をなさっているご家族、日常の動きをもっと楽にしたい方など

声に関心のある方 → 体は楽器。過度な緊張の軽減など体のコンディション作りに。

仕事で緊張、ストレスが続く方、

病院で治療が終わったのに何かおかしい?リハビリをやってもなんかシックリ来ない?と感じている方

「痛み 」や「その不安」に全てを支配されている生活を、少しでも変えたい方。

どなたでもご参加できます。

フェルデンクライスの時間をより多くの方に楽しんで頂きたく、新たな試みをやっていこうと思っております。

どうぞフェルデンクライス メソッドレッスンを経験し、日々の生活を豊かに。

こちら2月スケジュール欄をご覧下さい。

2019-02-01 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

サノ ケイコからreport~「普通の人間」の楽しさ

4人のプラクティショナーが 、月ごとに自分の感じていることやお知らせしたい情報などフェルデンクライスに関することを皆様にお届けしています。

第31号-2019年1月は、サノケイコからお届けいたします。2019年2月はツダ ユキコです。お楽しみに。

 

***************************

朝日新聞の中から一部をご紹介-橋本 治さんを悼むの欄からこんな一節がありました

「自分の頭で考えろと言ってもね、他人の頭で考えたことをなぞるのが精一杯、というのが普通の人間です」と言い、「普通の人間」ばかり小説の主人公に選んだ。

 

これを読んでそうだな。とつくづく思う。

ATMレッスンでは、「動きの指示を聞いて、自分で考え、動いて、

どのようにやっているか注意を向けて。

違うやり方でやってみる」などと言っている。

でも、実際やってみると、一つのやり方を繰り返してしまう場合が多いように思う。

つまり、いくつかの選択肢が思いつかないのです。

私もしばらくは、気づけば同じやり方を繰り返し、選択肢を考えることができませんでした。

なぜ、選択肢を自分で考え、広げられないか?

自分のやっていることを知識や経験、思い込みで観察するのではなく、

ただ観察することをしていないと気づきました。

誰かが考えたことをなぞるので精一杯だということですね。

それでも、いろいろな考え方や動きを経験することで

自分で考えたと思った動きを試して、とにかくやってみるようになりました。

すると、前より変化を感じやすくなったり、囚われることが少なくなっていると感じました。

 

話は変わりますが、月に一度フェルデンクライスのことをよくわからないが、

続けて来てくれる友達にATMレッスンをするのがとても楽しみなのです。

フェルデンクライスとは何かをあまり詳しく説明することなく、動きを通して、

レッスンの中で、何か一つでも気づくようになるか、挑戦しています。

 

先日は、肩こりがあって首のあたりまで動きづらくなるということでした。

肩の動きをやる時に、肩甲骨が動いているのわかる?と聞くと

「わからない。動いていないじゃない。」という回答。

肩と骨盤で色々な動きをやっては、合間に、肩甲骨は動いてる?と聞いていくと

何回かは「わからない。」と言っていたのですが、

最後には「あれー。すごくよく動いているのがわかる~。」と回答。

寝ている時だけかなと思ったが、立っている時にも

「まだ肩こりの感じはあるけど、肩の位置も背中の感じも変わって、

頭も真ん中にある感じがする。軽く感じる。」という感想でした。

レッスンの過程で、選択肢を自分で考えて、やったわけではなかったのですが、

自分自身の動きに注意を向け、違いを感じていました。

次の機会には、違うやり方を自分で考え、試してもらう楽しさに挑戦してみようかと思います。

 

また、新聞記事の話に戻りますが、普通の人間でも、

色々挑戦できる楽しみ、自分の考えと思ったら意外に誰かの考えだったと気づいり、

固定した考えに囚われずにいられる楽しさがあるかもしれない。

 

 

プラクティショナー サノケイコ

 

 

 

 

2019-01-31 | Posted in FK Tokyo 通信, News, ReportComments Closed 

 

1/27(日),31(木)ATMレッスンご案内~「左肩と全体ー違うやり方を試みる」

 

レッスンテーマ;少しの違い

「左肩と全体ー違うやり方を試みる」

何かの理由で片側が、自分にとってあまり好きでないことがあるかもしれません。

次第に動きは制限され、一つのやり方を繰り返し行い、他のやり方をやらなくなってしまいます。

左の肩、腕の動きから多くの部分を参加させていく過程を体験していきます。

あらゆる方向に動かすことが、やりやすいと感じる動きへと導いていくには、

今の自分のやり方とは違うやり方を試して、全体をどのように関わることができるか楽しんでください。

腕と胴体とのつながりを感じ、腕をどのように使えるかを学ぶチャンスにしてみましょう。

初めての方、パフォーマー、スポーツをしている方、セラピスト、何かを指導している立場にある方、障害をお持ちのご家族や介護の必要な人をささえている方、ご自身の動きを改善して自分のやりたいことを上達したい方、日々の生活をより快適に過ごしたい方、どんな方でもでご参加できます。

 

1月27日 (日)  10:30 AM – 12:00 PM   残席1名

 

1月31日 (木)  10:15 AM – 11:15 AM

contact-b

 

 

 

 

 

プラクティショナー  サノケイコ

 

 

 

 

*サノケイコのFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンとは「感覚システムの最も古いものに注意をむけさせる。緊張感が減り、呼吸が深く、規則手になり、腹部が緩み、循環が行くって表面が拡張するなどの感覚に引き込まれていく。意識レベルでは忘れていたパターンを感じ、幼い子供だった頃の幸福感を思い出す」モシェの言葉の一部より

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとか何かトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。

また、フェルデンクライスを初めて受けるが、どんなものなのかや不安などがありましたら、初めに個別にお話しをお聞きすることができますので、おすすめ致します。

contact-b

 

 

2019-01-26 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

1/20(日),24(木)ATMレッスンご案内~「骨盤と肋骨-小さな変化を感じる」

 

レッスンテーマ;少しの違い

「骨盤と肋骨-小さな変化を感じる」

 

頭と骨盤の間にある肋骨の動きがどのように形を変え、

柔軟に変化していくか過程を体験します。

頭の動き、腕の動き、脚の動きが肋骨にどう影響してくか

背骨にも影響することを感じます。

動きは注意を十分に向けることができるように、快適な動きで行うようにします。

上手にやることより呼吸や動きの伝わり、繋がり、全体の動きをよく感じ取るようにします。

初めての方、パフォーマー、スポーツをしている方、セラピスト、何かを指導している立場にある方、障害をお持ちのご家族や介護の必要な人をささえている方、ご自身の動きを改善して自分のやりたいことを上達したい方、日々の生活をより快適に過ごしたい方、どんな方でもでご参加できます。

 

1月20日 (日)  10:30 AM – 12:00 PM

1月24日 (木) 10:15 AM – 11:45 AM

contact-b

 

 

 

 

 

プラクティショナー  サノケイコ

 

 

 

 

*サノケイコのFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンとは「感覚システムの最も古いものに注意をむけさせる。緊張感が減り、呼吸が深く、規則手になり、腹部が緩み、循環が行くって表面が拡張するなどの感覚に引き込まれていく。意識レベルでは忘れていたパターンを感じ、幼い子供だった頃の幸福感を思い出す」モシェの言葉の一部より

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとか何かトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。

また、フェルデンクライスを初めて受けるが、どんなものなのかや不安などがありましたら、初めに個別にお話しをお聞きすることができますので、おすすめ致します。

contact-b

 

2019-01-19 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed 

 

1/13(日),17(木)ATMレッスンご案内~「股関節の動きー動き始めをみる」

 

テーマ;少しの違い

「股関節の動きー動き始めをみる」

 

骨盤と脚ー(大腿骨)の出会うところを柔軟にするよう試みていきます。

習慣的にやってしまう動きとは違う動きを行う時に、

ゆっくりと小さな動きを行い、少しの違いに注意を向けることが、

動きに改善が起こります。

そして、動きに難しさを感じた時に、初めの動き始めのところに

大きなヒントを見つけることができます。

股関節の改善が、前にかがんだり、座りやすくなっていく過程を体験ください。

初めての方、パフォーマー、スポーツをしている方、セラピスト、何かを指導している立場にある方、障害をお持ちのご家族や介護の必要な人をささえている方、ご自身の動きを改善して自分のやりたいことを上達したい方、日々の生活をより快適に過ごしたい方、どんな方でもでご参加できます。

 

1月13日(日)  10:30 AM – 12:00 PM 

1月17日 (木)  10:15 AM – 11:45 AM

contact-b

 

 

 

 

 

プラクティショナー  サノケイコ

 

 

 

 

*サノケイコのFIレッスン(個人レッスン)のご案内 *

FIレッスンとは「感覚システムの最も古いものに注意をむけさせる。緊張感が減り、呼吸が深く、規則手になり、腹部が緩み、循環が行くって表面が拡張するなどの感覚に引き込まれていく。意識レベルでは忘れていたパターンを感じ、幼い子供だった頃の幸福感を思い出す」モシェの言葉の一部より

FIレッスンでは、個人のリクエストに対してレッスンしますので、よりダイレクトに働かけることができます。グループでのレッスンだと自信がないとか何かトラブルを抱えている方などにも有効にレッスンを行うことができます。

また、フェルデンクライスを初めて受けるが、どんなものなのかや不安などがありましたら、初めに個別にお話しをお聞きすることができますので、おすすめ致します。

contact-b

 

2019-01-12 | Posted in FK Tokyo 通信, NewsComments Closed